よくあるご質問 - うつ病や精神療法などに関するQ&A

パニック障害の(精神分析的)精神療法ではどのように治療していくのでしょうか?

回答者:桜小路 岳文

パニック障害とは、突然不安が高まり、動悸、息苦しさ、めまい、発汗、手足のふるえなどの身体の症状が現れ、自分がどうにかなってしまいそうな不安感に襲われてしまう病気です。ある特定の場所が苦手で、このようなパニック発作が起こる人もいますし、特定の場所に限らず起こる人もいます。苦手な場所とは、たとえば、人ごみの中、電車やバスなど乗り物の中、トンネルの中、雨降りの天気、など人さまざまです。

このようなパニック発作は、身体の生物学的な反応、つまり、脳内の神経伝達物質のバランスが乱れることによって起こると考えられています。そこでパニック障害の治療には、神経伝達物質のバランスを整える働きのある薬も有効です。まず、薬を飲むことで、パニック発作を減らして不安感を軽減させ、日常生活のなかに安心感を確保していきます。お薬による効果は、ふつう数時間から数日で実感できるはずです。日常生活の中での不安感が消え、再び楽な心持ちになれて一安心です。

ところが、この段階では、おそらく、パニック発作を起こした状況が苦手なままで、たとえば電車や人ごみ、一人でいることなどを避けてしまって、自分の生活にたいへんな不自由さを感じたままになっていることが多いようです。あるいはパニック発作は起きていないにもかかわらず、もし起きたらどうしようという予期不安に悩まさられている人も少なくありません。自分の考え方が、まだ起こってもいない未来の不安をたぐり寄せてしまっているようなものです。

そこで治療初期には薬物療法と並行して、行動療法的アプローチが用いられます。基本にある考え方は、「怖いと思うことを避けているうちは、いつまでもそれは怖いままである」というものです。薬に守られながら、怖いと思ってしまう状況にリラックスする方法を試みながら少しずつ慣れていくことが必要とされます。おっかなびっくりでもこれならやってみてもいいかなと、あなたがほんの少しの勇気で取り組めることを、治療者と一緒にさがして、簡単なことから難しいことへと段階的に試してみるのがよいでしょう。

当院は渋谷駅近く、渋谷マークシティにほぼ隣接したクリニックですが、この病気の方は繁華街が苦手なことが多いと思います。そこで、JR渋谷駅から、繁華街を避けてわき道から来院することもできますし、また、出勤や夕方から夜にかけての人ごみを避け、午前中の比較的人通りの少ない時間に来院されるのもよいかも知れません。最初は人ごみを避けるように通院していても、治療が進むにつれ、苦手としていた人ごみも避けることなく、街並みや新しいお店、すてきなカフェを楽しみながら、帰宅できるようになるかも知れませんね。

パニック障害の治療は、もっぱらくすりと行動的なアプローチだけかというとそうではありません。よくよく話を聴いてゆくと、そうした症状の背景に、先のうつ病についての質問で述べたような対人関係の問題が潜んでいることが多いものです。そのため、最初はくすりや行動的アプローチになりますが、その先の治療は症状が何かということよりも、そのひとの抱えているこころの問題がどのようなことか、ということになるのです。こうした問題が明らかになった場合、精神分析的精神療法が向いています。

精神療法によって、自分の問題に対処できるようになれば、パニック発作も起こりにくくなりますので、薬を減らしたり、やめたりできるようになります。

渋谷もりやクリニック

心療内科 精神科
渋谷もりやクリニック

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-5
VORT渋谷道玄坂 2F

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • 精神療法(心理療法)についての質問
  • パニック障害の(精神分析的)精神療法ではどのように治療していくのでしょうか?

ページのトップへ