よくあるご質問 - うつ病や精神療法などに関するQ&A

うつ病にはどのような精神療法が向いていますか?

回答者:桜小路 岳文

うつ病と診断がなされた場合、薬による治療は行う必要はあります。ただ、薬物療法だけの治療よりも精神療法を併用した方が、うつ病の治りも早く、再発も少ないといわれています。

ところが、うつ病になると、考えがまとまらない、自分を怠け者だと思ってしまう、自分を責めてしまう、何でも悲観的に考えてしまうなどの傾向が強くなります。この状態で、うつになった原因、自分の性格、過去の出来事を考えても、後悔や自責の念を募らせ、ますます無力感にさいなまされるだけでしょう。そこで、うつ病に向いた精神療法として、認知行動療法のほか対人関係療法も薦められています。

対人関係療法も精神分析に由来をもつ治療法のひとつです。対人関係療法では、抑うつ症状に影響を与えている人間関係の問題に焦点を絞ります。つまり自分の性格や過去の出来事にはひとまず蓋をしておきます。そして、現在問題となっている対人関係問題をひとつに絞り、その対人関係状況に適応し、対処できるようになることを目標にします。精神分析的精神療法でも、うつ病の場合、特に治療初期にはこのような対人関係的なアプローチを用いることも多いです。

うつ病に関しては、こちらもご覧ください。

渋谷もりやクリニック

心療内科 精神科
渋谷もりやクリニック

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-5
渋谷アックスヒルズ 2F

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • 精神療法(心理療法)についての質問
  • うつ病にはどのような精神療法が向いていますか?

ページのトップへ