よくあるご質問 - うつ病や精神療法などに関するQ&A

精神分析的精神療法はどのような病気や問題に向いているのでしょうか?

回答者:桜小路 岳文

いわゆる神経症という範疇に入る病気が一番適しているといわれています。具体的な病気としては強迫性障害、パニック障害、社会不安障害、うつ病性障害、気分変調性障害などがあります。具体的に扱われる問題としては、「失敗することを極端に恐れるあまり、仕事がはかどらない」「人との関係を悪くしたくないので、頼まれるといつも無理して引き受けてしまう」「言いたいことを言うと、相手から嫌われてしまう不安がある」などさまざまです。

ただし、この精神療法の適応の有無は、病名によって決められるというよりも、自分の困難を克服したいという動機や、自分のことを省みて言葉にしていく内省力、不安感が高まった時でも自分の行動をコントロールできることが必要です。また、この治療法にはある程度の期間と費用も必要となることから、当院ではまず、通常の診療を受けていただきながら、精神療法を薦めるのがよいのか、ほかの治療法を提案した方がよいのか、相談させていただきます。

渋谷もりやクリニック

心療内科 精神科
渋谷もりやクリニック

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-5
渋谷アックスヒルズ 2F

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • 精神療法(心理療法)についての質問
  • 精神分析的精神療法はどのような病気や問題に向いているのでしょうか?

ページのトップへ