よくあるご質問 - うつ病や精神療法などに関するQ&A

強迫神経症(強迫性障害)とは?

回答者:守屋 直樹

強迫神経症の症状は、強迫観念と強迫行為という2つの症状が特徴です。

強迫観念とは、手が汚れたのではないか、何か間違った行動をしたのではないか、など
繰り返し同じ考えが浮かび、不安でどうしようもなくなる症状を言います。

強迫行為は、そうした観念を打ち消すために繰り返してしまう行動をいいます。
戸締りや手洗い、儀式的な行動などが代表的なものです。

こうした症状は、くすりとカウンセリングによる治療でかなり良くなることが多いものです。

渋谷もりやクリニック

心療内科 精神科
渋谷もりやクリニック

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-5
VORT渋谷道玄坂 2F

ページのトップへ