よくあるご質問 - うつ病や精神療法などに関するQ&A

不安神経症(全般性不安障害)とは?

回答者:守屋 直樹

パニック障害が発作的な不安を特徴とするのに対して、こちらは長期に続く不安が特徴です。
取り越し苦労、緊張感、集中困難、不眠、いらいらなどの症状が長期間続きます。

パニック障害よりも多く見られる病気で、
一生のうちに一度はかかるひとの割合(これを生涯有病率といいます)が、5%とも言われています。

渋谷もりやクリニック

心療内科 精神科
渋谷もりやクリニック

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-5
VORT渋谷道玄坂 2F

ページのトップへ